私とTEAM77のメンバーは、
当時新艇だった八丸でマグロを釣る為に初乗船して知り合いました。
結局その日はマグロを釣る事ができずそのまま別れ、次の月に偶然にも幸漁丸で再会。
それがきっかけで連絡を取り合い、
長崎のメンバー数人、大分は私の友人も誘い一緒に釣行する機会も増えいきました。

当時はジギングやマグロの他に、
玄界灘ではサンライズのヒラマサキャスティングも始まり、
このメンバーで一緒にチャレンジする事も多く、この頃から他の友人も誘って
大分VS長崎で2隻の船をチャーターし、競い合い楽しんだりしていました。

そんな楽しい仲間での釣行が続き、
『折角だからクラブにしようか?』と、話も出ていましたが、
そのまま1年が過ぎ、TEAM77結成のきっかけになる釣行となります。

6月の某日 マグロを狙いに皆で一栄丸に乗り込み、七里に出発。
午前の事... 突然湧いたトビウオパターンでキャストした大分の友人のルアーにヒット!
!掛かったのはドラム缶サイズ...
七里初の100kgオーバーのマグロを絶対にあげようと団結。
なんと7時間に渡るファイト、残り10m程でした...
弱って浮いてきた大きなマグロが反転したところで、
ラインのテンションが抜け、まさか無念のフックアウト!

この悔しさから次の週も同じメンバーで挑戦。
この日は長崎メンバーのルアーにヒット!
これも確実に100kgオーバー!
途中、何度も船縁に寄せるも相手はしぶとい。
辺りが暗くなってきた為、無理に引き寄せ痛恨のラインブレイク....!
今度は9時間に渡るファイト...

この2週連続のマグロはどちらも姿を見ています。
リーダーの傷からも2本とも確実に100kgオーバー!
(大分の友人のリーダーには2m40cmの所に傷、マグロの長さ推測出来る)
結局2週連続マグロは釣れなかったが、
全員ドラム缶サイズのマグロの迫力と力に感動!
今度は絶対に....!

この2週連続マグロ釣行がきっかけで、
いつも一緒に釣行を楽しんでいた7人がTEAM''を旗揚げ。

私達の主な釣行舞台は七里なので、
マグラーズ会長が直々に
『TEAM 77(ツナ)』 と命名して頂き、九州各県、本州のメンバーも加わり現在に至ります。