2013年 冬鮪 ③ by ACE

2013冬鮪 ファーストアタックを見事に外し赤身捕獲ならず、今年の新年会は白身オンリー
小員が赤身責任を果たせなかったため、ほかのメンバーが有言実行でキッチリ確保
頼もしい限り

そしてそのファーストアタックは2013冬鮪の最重要局面でもあったため精神的ダメージも大きく残っている
しかし次の予約日はそんなササクレたココロの自然治癒など待つ間もなくやってきた

2013.1.16
神湊を6時30分に出港
今回、お世話になる船は久しぶりのワイズ

七里に向かう船では距離的に最も遠いが、キャビンが広く長時間の航行でも体が耐える
しかし当日は七里の手前で真向かいの風が10mくらい吹いてきて スロットルワークでひと波づつ超えてゆくほどまでになり到着まで2時間半以上を要した

着いたら着いたで結構な時化具合 
でも着いた途端にサンマのナブラで海面が炸裂する状況を見て脳汁噴出
しかしババ荒れで、時化の中では移動が早いサンマは追えない

ヤル気のある鳥をゆっくり追い【湧きそう】なところに差し掛かり、投げたらなんかありそうだったのでキャストしてみたら 仲間のブルーフィッシュ100ブラインドでヨコワがヒット

皆、柳の下を狙うがその1本だけ
大時化の中で30分ほどサンマが追われ時合いが続くが単発だったり遠かったりで狙える状況にあたらず時合い終了

そこからしばらくは落着いた状況が続く
船長はその間も船を止めることなくマグロの気配を探し続ける
その姿勢には感謝
船長、ありがとう

その甲斐あって 昼過ぎに待望のイカ玉が発生
しかし前回同様ナーバスなイカナブラで、キャストレンジに入ると単発で湧かない

皆で何度も撃ち込むがどれも炸裂しない
この時合いも30分ほどで終了

ここからも船長は気合の探索
時合いを外すと単発イカナブラでなかなか狙えない状況

帰り間際に1玉だけ単発でないイカ玉に当たったが5m届かず残念ながらこれでストップフィッシング

険しい道はまだ続きそうです.