SUNRISE 男女群島  by ACE

盛夏の玄界灘七里ヶ曽根のクロマグロ
マグロがいない訳ではないが、表層でクロマグロに捕食されるベイトがこの時期には入りにくいのでルアーゲームが成立しにくい
ベイトが少ないのでクロマグロ自体の個体数も少ない

 

ならば、マグロ系がいるところに行けばいいのでは?
という発想から男女群島のキハダ狙いで行くことになった

 

今回お世話になる船は銘船サンライズ
幸運にもお誘いいただき乗船することが出来た

 

天候 晴れ
風速 3m
ほぼベタ凪でこれなら遠くのカツオナブラもすぐに発見できる

 

男女群島までは さすがに近い距離ではないが、港から5.5時間で未開拓の地
到着予定時刻に近づくと心躍る
そして、猛々しい岩山からなる男女群島が見えてきた
近づくと雑誌でしか見たことがない名礁と云われる瀬が各所にあるロケーションは最高!

 

そんなロケーションのなか、ジグを落としてカンパチ、スローでネリや根魚
皆、それぞれのタックルで未開の地を堪能している

 

そんな中、背鰭をだしているナブラがあった
側面には鮮やかなイエロー
サイズは20~30kくらいのお手頃サイズ

 

しばらく眺めているとナブラの規模が拡大
この数日で新たなキハダとカツオの群れが入ってきたようで、個体数は無数にあり ナブラも濃淡はあるが長時間に渡り走って10分圏内であちらこちらに
どのナブラに行こうか迷うほど

 

しかしその全てが鳥付きでないシラスがベイトのなかなか喰わせられない極難パターン
カポン、コポンと水面のシラスをカツオと一緒に喰っていた
このベイトは七里ヶ曽根にもいるが、このナブラしかないときは覚悟を決めねばならない苦戦必至のパターン

 

キャスティングレンジ内で無数のナブラにも拘らずキハダだけでなくカツオまでも口を使ってくれないのが悔しい
繰り返しキャストしても食わせられない

 

手を替え品を替え・・・
そんな試行錯誤のなかで、掛かりはしないが 口を使うようになってきたパターンがあった

 

「イケるかもしれない・・・」

 

慎重にナブラをストーキングし 船長と呼吸を合わせキャストポイントを見極め
 
フルキャスト

 

操るルアーの付近に大きな反転流が発生と同時にトルク感をロッドが感じ取る

 

「っしゃぁー!」

 

マグロ系のトルクとスピードで水面をラインが切り裂いてゆく
相手が引っ張るときは引っ張らせ、止まれば寄せにはいるのがテッパン
これを繰り返し直下のスパイラルで距離を詰めネットイン!

 

久しぶりに縦持ちがキツいサイズ
image[2]

 

 

この日同じパターンでチーム員のぴろっぴーも同サイズゲット!
10497071_572611052849531_7557558975391326666_o

 

 

サイズは小振りだが、今までは喰わせきれなかったパターンで新たな引き出しが出来たことに満足の1本だった

1月6日 立蔵  by ori

七里ヶ曽根マグロキャスティング祭

 

この時期になるとメンバーも活性化!出船6時

 

メンバーtaka、マッチョキ、柚子くま、ori、他乗合2名

1530519_636854839689355_1791754037_n
 
 

この日はイカ団子。あちらこちらで水面が茶色ってました。
イカはいるが捕食者の少ないパターン。
異常無しの七里にくらべると期待は大きい。
メンバーは皆、高活性!

 

自分は先日の赤身軍団との釣行後なので、ボルテージは高く、今回は常にロッドを持っていました。仮眠している時も 笑

 

ナブラはもちろん怪しい鳥などチャンスだと思ったら、全てキャストしました。誰よりも多く投げてやるって気持ちで。

 

それが功を奏しキハダキャッチ!

801aec6839fb54e9aed7ace37de5139ef75e3fe5_jpg
 
 

17kg
 
mcworks:EX7105HF
daiwa:saltigaz6000GT
daiwa:saltiga UVF8 92lb
varivas:nylon130lb
souls:hibiki 185-105g
cultiva:ST66 4/0
fg+banana
 
七里はまだまだこれからのようなので、次回に期待です。

 

12月31日 サンライズ  by ori

新しくなったサンライズ。デッキがオールフラット。
ひと周り大きくなっている新艇は荒波でも無敵、船内は快適。
 
この日は赤身ジャンキーさん達との釣行
この人達、赤身しか狙わない。
 
 
マグロの姿が見えない時はただ海の上でひたすら待つのみ。しゃくったとしても通り過ぎる赤身狙い。これがACEさんの言う『0か100か』『0でも良い』って覚悟のこの人達の覇気はすごかった。
全員覇王色の究極の腕を持つ軍団と究極の遊漁船。
 
この釣行に参加する事は良い経験になる。本日の自分の目的はスキルをパクること。
究極の一日を終えて、感じた事を文章で表すのは難しいが課せられたのでやってみました。
 
 
 
この日は運良くイカ団子と遭遇もでき、マグロの姿も確認。全身ジャンプもあるアグレッシブな日。
 
そしてマグロを見つけて投げる瞬間は躊躇しない!光速!ピカピカの実!
『出た』って言った瞬間と言うか、出た瞬間。
マグロの姿が見えてから『ブン』と投げるまで1秒位内!コンマ数秒の世界。それも全員。
 
ブン、ブン、ブン、ブンじゃなく
ブブブブン。
 
着水する場所はほぼ同じ場所。
 
ズズズズボッ。
 
ここまで全員が精密なキャストをするなら、マグロはどれを選ぶか後は『運』しかない。
ACEさんが良く言う『運』ってのはこれでした!
 
この日はスーパーキャストを何回も見る事ができた。
これが1番の収穫でした。
 
このスーパーキャストで2本の赤身をGET
mori11
 
mori4
 
 
後は、風向きと太陽の位置関係でのルアー選択やら・・・。
自分にとってはウマウマな1日でした。
 
感謝!