STATUS釣果報告

なかなか天候に恵まれないと行く事が難しいアジ曽根。
今回も台風接近で危ぶまれました凪でした。
2時間近く掛かるアジ曽根で前回15kgカンパチをチームメンバー斧氏がゲット
したことも有り期待一杯。

8月28日(日)4時出港~17時帰港
船代金11千円

山路釣果
10kgオーバー140cmのデコッパチ2匹のみ。

船中釣果(6名乗船)
9kgほうきハタ(ジギング)
5kgキハダ(ダイビングペンシル)
1.5m赤ヤガラ(ジギング)
アコウ(40cm×3尾)
アラカブ30cm×2尾)
真鯛40cm(ジギング)
デコッパチ含めシイラ6尾(ダイペン、ポッパー)
ヤズジギング(3kg、4kg各1尾)軍艦島周辺

4時過ぎ出港でアジ曽根には6時前に到着。
6時半ごろ隣の餌釣り遊漁船がイカ餌にて10kgカンパチゲットを確認。
遊漁船の縄張り根性で急接近で船を寄せられ短時間で移動。(船中沈黙)

しかしキハダ5kg~30kgのボイルが頻発し七里同様ボイルを発見→急行→キ
ャステイングの繰り返し。
キワダの群れによりアゴ、イワシ、イカと生意気にも3パターンのボイルでした。
新仔チビアゴパターン→小型ダイビングペンシル
イワシパターン→沈下系シンキングペンシル
イカパターン→打つ手なし(インチクが効くかも)
ボイル発見迄はカンパチ狙いでジギング。
結果はアゴパターンにアジャストさせダイビングペンシルで同船者がキハダ5kg
ゲット。
もっと大型もいただけに残念。

カンパチ、ブリは全滅で最後に長崎港から30分程度の軍艦島近辺の漁礁でヤズ2
尾のみ。
特筆すべきはアジ曽根でゲットした9kgのほうきハタ→アラ鍋にしたら最高でし
ょう?

山路も一回だけ鮪が船下を通過中(船長が漁探で確認:何度も船下を通過した)に
キラーⅣで大当たりがあったがラインブレーク。
カンパチ20kgオーバーを想定しドラッグ10kg程度掛けていた事が逆目に出た結
果となった。

大型狙いでのドラッグ設定に宿題を残す結果となった。
(昨年ステイタス乗船時にヒラマサに根に走られリーダーブレークした事がトラウ
マになり今回はドラッグが強すぎた?

 

>