11月14日(日)ステイタス ロックフィッシュ釣行 byヤマジー

先日釣りビジョンでロックフィッシュバトル(エコギア折本プロ乗船)でオンエア

ーされたステイタスに行ってきました。

当初のターゲットはアジ曽根でのキハダ→大間(PE6号)、赤腹カンパチ→大政

565(PE5号+80lbバナナリグ結束)を携えて、5:30に出航。

 

しかし予報に反して時化模様でアジ曽根へは辿り着けず途中で引き返し。

結局、軍艦島近辺での近海ジギングとなりました。(なかなか行けないアジ曽根)

アセスを飲むのが遅かった事、寝不足、時化が重なり、船酔い状態でジギング開始

 

暫くヒットが無い状況でしたが隣の落としこみの仕掛け(餌つきは小アジ)に40

cmオーバーの大紋ハタがヒット。

船酔いも有り、隣の大紋ハタヒットを期に、座って出来るインチクにシフト。大政

565リーダー80lbに120gインチク。

 

早速ヤマジー大紋ハタ1尾ゲットした直後のポイントで、朝永船長が『大物ポイン

トです・・・・』のアナウンス。

一流し目はインチクで、2流し目に先日チームで購入した新調のキラーⅣに付け替

えるつもりでインチク続行。

 

インチク着底、3巻き目に強烈なヒット、直ぐに立ち上がりスタンドアップファイ

ト開始。

数秒間ファイトしたが、惜しくもラインブレーク。80LBのラインが根ズレでスッ

パリ切られてしまった。

タックル的には10kgオーバーを想定してたがドラッグがロックフィッシュ仕様

?でガチファイトできなかった。

どんな時でもタックル能力を最大限生かせる準備をする事が絶対に必要である事を

痛感した結果となった。

 

最終釣果

大紋ハタ3尾(最大35cm)

キジハタ1尾(40cm)

アラカブ1尾(35cm)

ステイタス=ロックフィッシュ?

 

6月の七里マグロ、9月のアジ曽根キハダ?に続く3度目のラインブレーク。

竹本代表からは『今度切れたら引退ですよ』と勧告を受けていたにも拘らず又『や

ってもうた』

 

前の2回は結束不備が原因であり、ここ3ヶ月はPEの結束とバナナリグの習得に

努め、結束には自信を持って臨んだが・・・

その意味ではジギング大会でのガチファイトでの7.2kgヒラスは自分にとっては

大きな進歩だったが・・・・

今回は多分10kgオーバーのヒラスであり、座ってファイト出来る相手ではなく

油断が生んだ失敗。

しかし結束に問題が無かった事は進歩であるとポジテイブに考え、今後の課題は『

ヒラスの頭をこちらに向けるファイトの習得』と目標が明確になった。

 

本格的なジギングの経験が無い初心者ヤマジーですが、今年6月のチームでの初釣

行後、3度のブレークを経験し、得た物は大きい。

一番大事なのは、心の準備(使用するタックルの能力を100%活かす設定を常に忘

れずに準備する姿勢)と肝に銘じました。

 

この経験がこれからスタートするマグロシーズンにどう活かされるのかシーズン開

幕が待ち遠しいこの頃です。

当面は年内マグロゲットの目標を追い続けます。待ってろマグロ。

 

 

五島ショアマサキャスティング by ヤマジー

先週の週末にモーラ君と五島ショアマサキャステイングに行ってきました。
2ヶ月前から日程を調整していたにも拘らず、私の仕事の都合でフェリーの出船時
刻10分前に滑り込んでのスタートとなった。
この時は今回釣行のラスト10分でのドラマは知る由もなかった・・・・・
1日目
朝マズメは地元の友人から聞いていた実績場でのスタートフィッシング。
取り敢えず私が2kgヒラゴ1尾、モーラ君も同サイズ1尾と型を見る事ができ一安
心。
民宿での遅い朝食を済ませ満潮の下げを狙い11時に前から気になっていた新規ポイ
ント開拓に向かう。
新規ポイントで釣り再開後、10分程度で先ずはモーラ君にヒット。
偶然一部始終を見ていたが、先ず最初に150m程沖合いでボイル発生。
150mでは届くわけ無いが、即モーラ君がボイルに反応し80m程度キャスト、バ
イト、ファイトするもフックオフ。
打率3割を覚悟しなければならないヒラマサキャステイングだが朝一のサイズより
格段にデカかっただけに残念。
私も気合を入れなおしモーラ君の右側でキャスト再開。
よく見ると右から射程距離内に潮目が挿しており雰囲気充分。
キャストし、チェイス、バイトは有る物のフッキングに到らず、しかし地合到来と
ばかり少し休めつつもキャストを続けた。
漸くフッキングに成功し、最初から決めていた場所に魚を誘導しブリアゲてキャッ
チ成功。
結局1日目の、このポイントでは山路2尾、モーラ君1尾ゲットン。
自ら開拓したポイントで秋晴れの白昼で結果が出せた事が単純にうれしい。
その後は民宿で仮眠するもいびきのモーラ君の横で興奮して寝付けず。
夕マズメも先程の爆釣ポイントに向かうも、潮位の下げた海は全く違った顔で早々
に引き上げ、最後の仕上げのエギングポイントに向かった。
ケンサキイカ、アオリ1kgアップも数尾ゲットし、五島の友人の店にヒラスとケ
ンサキイカを持ち込み乾杯。最高。
2日目
期待十分の朝マズメは昨日の爆釣ポイントでキャスト。しかし全くの不発。
別のポイントでのチャレンジも不発。
民宿での遅い朝食とチェックアウトを済ませ、11時に再度昨日の爆釣ポイントへ。
昨日より潮は30分程度遅れる事を計算し、今釣行最後のチャンスに賭ける。
釣り場に着くと朝マズメとはうって変わって雰囲気むんむん。(早くう~ん。御願
い~)
鳥はダイブし沖ではペンペンが逃げ惑う様相。ポイント到着即、フルキャスト。
昨日爆釣した右側のポイントは余裕でモーラ君に譲り私は左側のポイントで釣り開
始。
直ぐに結果が出てモーラ君5kgゲットン。(この時点での最大魚)


余裕の私だったが、先行されると弱いタイプの地が出てきて、キャステイングも乱
れがち。
その後、右のポイントをモーラ君に譲ってもらったが結果が出ないキャストが続く

『ヒット~』左側ポイントでモーラ君が余裕の2尾目をゲットン。
ますますあせるが、余裕のふりでスモーキングタイム。
休憩し少しポイントを休めた1投目、白昼20mの至近距離で10kgオーバー?
が2回連続ミスバイト。『でかい・獲りたい・悔しい』
はやる気持ちを落ち着かせキャストするも『時間で~す。』と2尾釣って余裕のモ
ーラのストップフィッシングの声。
山路:『あと、5投げだけさせて』(秋の五島で泣きの5投を御願い)
モーラ:『30分だけ延長しましょう』(モーラ君やさしい)
ヤッパリヤマジーヤリマス結果出します。(3投目で見事5,2kgゲットン)
追い詰められた状況で昨日に続き秋晴れの晴天下でのファイト。
ヒラスの強引をいなし、透明な海中に魚体が浮かび上がる瞬間(太い。最高。イク
~う。)
今回の釣行の成功は、モーラ君のお陰です。
1日目多数のバイトのモーラ君と自分のバイトの数に歴然とした違い。観察し熟考

モーラ君は竿も長く太くロングジャーク、私は竿も短く細い上にショートジャーク

(太い長いだけじゃないんだよ。こうなりゃテクニックでいかせてみせるぜ)ジャ
ーク幅を変えた途端にバイト連発。
2日目の最後の5,2kgゲットンもナルドのおとなしい泳ぎに物足りなさを感じ
ながらも続行する私にモーラ君が『もっと強くう~ウン、コネコネシテ~』とのア
ドバイス。
この若き青年のアドバイスを素直に受け『もっと強くて太い90サイズの大人のガ
ンマ』を装着、一投目即、5.2kgゲットン。


5.2kgは多分♀。
船でのキャステイング8.5kg、ジギングでの7.2kgに負けず劣らず、自分
の中では価値あるショアマサ5.2kg。
ショアマサ8kgを次のターゲットに定め年内に再チャレンジしたいなあ。

釣猿織田へ
今釣行の2回の朝一は全て大間でしたが不発でした。
ゲットンしたヒラス4尾は全て来週あなたに貸してあげるエクスプロージョンで爆
発だー。
このエクスプロージョンにはシッカリ根性を叩き込んでいますので、軟派な癖を付
けずにシッカリ結果を出して来て下さい。
モーラ君有難う。

モーラ君タックル
ロッド:MCレイジングブル100
リール:ソルテイガ6000
ライン:PE6号
リーダー:ナイロン100lb

山路タックル
ロッド:MCエクスプロージョン
リール:ソルテイガ4500
ライン:PE4号
リーダー:ナイロン100lb

 

>